痩身エステ 銀座 食事指導

銀座に多くある痩身エステ、どこに行けばいいのか迷いますよね。 当サイトでは口コミや調査を元に痩身エステサロンをランキングにしています。 銀座で痩せようという方は見て下さいね。痩身エステの効果と食事の関連性についてです。
MENU

痩身エステの効果と食事の関連性について

痩身エステ 銀座 食事指導

 

痩身エステでは脂肪を燃焼しやすい体にする効果があるので、ただ施術を受けただけでは痩せるのは難しいです。痩身エステ後の生活習慣に注意することで、脂肪燃焼へとつながります。

 

生活習慣で最も体脂肪率に関係しているのが、食事です。

 

食事のバランスが崩れており、脂肪分や炭水化物ばかりを摂っているとカロリーオーバーになり痩せません。特に痩身エステを受けてから3時間は代謝が良くなっている分、消化吸収する力も上がって食事の影響を受けやすいです。

 

施術後に脂っこい料理をたくさん食べると、脂肪分をたくさん吸収し脂肪として蓄えてしまいます。一般的なエステサロンでは施術後は食事を全く取らないか、カロリーが控えめの食べ物を選ぶように指導しています。全く食事を取らなくても平気な人は、水分補給だけはしっかり行うようにします。

 

代謝が良くなり汗をたくさんかくため、体から奪われる水分量が増えています。お酒やコーヒーは利尿作用を持つので、水分補給には適していません。ミネラルウォーターや白湯が無難です。

 

施術後に何も食べなければ、エネルギーだけが消費されるので痩身エステの効果を強く実感できます。しかし痩身エステ後は運動もしていないのにお腹が空くと感じる人が多いです。

 

空腹を我慢することはストレスとなり、ダイエットにも良い影響を与えません。1日3食は食べたいと考えている人は、脂肪分の少ない食べ物を選んでカロリーを低めに調整します。脂肪は1g当たり9キロカロリーと、炭水化物やタンパク質と比べてカロリーが高いです。炭水化物の中でもブドウ糖は脳のエネルギーとなるため、頭をスッキリさせるために摂取しておきたい栄養素です。
またタンパク質は筋肉の元となるので、痩身エステの後に運動をする人の役に立ちます。炭水化物はお粥で摂取するのがおすすめです。お粥は白米が水分を吸っているため、少しの量で満腹感が得られます。

 

柔らかくした上で良く噛んで食べれば、胃腸の負担になりません。タンパク質は鶏肉のささみなどが脂肪分も少ないので適しています。また大豆は畑の肉と呼ばれ、植物性タンパク質を含んでいます。豆腐やおからなど料理のかさ増しに使える食材は大豆からできているので、低カロリーメニューのレパートリーを増やすことができます。

 

さらに野菜にはビタミンや食物繊維を多く含むものがたくさんあるので、肌の調子が良くなったり便秘が解消したりとダイエットと美容を両立できます。

このページの先頭へ